浮気調査 依頼

浮気調査を依頼する際の7つのケア・ポイント

MENU
RSS

浮気調査には興信所・探偵に依頼するのが良い?

浮気調査でなにより大切なのは、浮気が実際におこなわれているか否かを明白にする事です。
浮気の痕跡が確かでない場合は一度、浮気調査をつづけるか決める必要が生じます。

 

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、ここで浮気相手が誰かを探ることとなるのです。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、見張りなどの方法も用いて、不倫相手の正体を確かめるのです。

 

浮気調査は第三者に任せるべき理由は冷静でいることが難しくなってしまう恐れがあります。
強い心を持っている人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうと自分を見失ってしまうケースが発生することも多いのです。

 

スムーズに物事を進めるためにも本来の目的を達成するためにも、浮気調査は探偵に任せるのがおすすめです。離婚を覚悟の上で、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようお願いします。信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。
信頼できる人が同行できないときは、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

 

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する側になっ立とすれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけないわけですし、不倫関係が継続している事を、形として見せられなければなりません。しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、疑いようもなく誰にも認められる証拠を撮影してくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、整えてもらえます。
興信所と探偵事務所の違いとしては、変わりはほとんど無いと言ってもいいかも知れません。

 

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、違いのない仕事です。でも、あえて言うと、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発覚したならば、結婚生活を維持するかどうか選択に困りますよね。

 

 

 

まずは落ち着いて、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、自分の損得を考えるのが先決です。

 

 

 

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手にもとめ、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいかもしれません。探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

 

もちろん、調査員の数が少なければ安く、多くなるほど高くなるのです。また、尾行のために移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。

 

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査にかかるお金は少なくなるのです。
しかし、浮気をしている日時が知っているにしても、顔見知りにいって証拠の写真をげっと〜してもらおうとしたって、無駄足になることが多いでしょう。

 

ばれないで写真を撮影するにはプロの探偵に調査して貰うのがベストなのです。探偵の場合には、不審に思われることを避けるよう警戒を怠ることなく根気よく調べていきますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に自分の所属を明かして公然と調査をおこなうことが多いです。
すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴向ことが上手で、興信所の方は情報蒐集に向いていると結論できそうです。法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から男女の関係にいたることを不倫といいます。すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったら食事やあそびに行っ立としても、不倫ではありません。男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所の力を借りるといったことも考えてみてもいいかも知れません。